経営理念

「儲かる」より「面白い」
私たちが事業を行う際、非常に大切にするものが「それ面白いね!」という動機です。儲かるという理由だけで始めることはありません。
ここでいう「面白い」とは、おもしろおかしいという事ではなく、その業界に特別な価値を提供できるかどうかです。
「はじめて」にこだわります
私たちが存在する意義は、他者がまだ手がけていない未開の地をインターネットという最高の道具を用いて開拓する事にあります。
そのため「はじめて」にこだわります。他者が既に行っているビジネスの模倣ではなく、未知数な事業に挑戦する事に私たちの価値があります。
人の力を信じる
私たちは、インターネットを中心とした事業を展開しながら、人間が持つ「アナログ」な側面に大きな期待を寄せています。
インターネットというのは、全ては「人」が作り出すもので、「人」をおざなりにしてビジネスを行うことは不可能です。
インターネットと人が合わさって起こる化学反応こそがネットの醍醐味であり、本質であると信じています。
既成概念にとらわれない
私たちが大嫌いな言葉に「既成概念」があります。
枠にはまった思考は、会社や個人の可能性を大きく縮小させてしまうことにつながります。「前例がない」「根拠がない」など既成概念にとらわれた思考をすることで、たくさんの機会を失わないように、 常日頃フラットな物の見方を心がけています。
「みんな幸せ」は成立する
私たちは、誰か一人が幸せになれば、もう一方の他者は不幸になるという考え方に疑問を持ち続けてきました。 「ビジネスは奪い合うもの」という概念を信じていません。上に掲げた4つの理念を誠実に実践し、ユーザー、広告主、社員など関わる人全てを幸せにできると信じています。